ようこそ! 「パソコンセキュリティ」へ

パソコンセキュリティ対策はウィルスソフトのことと考えていませんか?


パソコンセキュリティを守るには、ウィルス対策ソフトをインストールしたり更新したりする以外にまだまだしなければならない項目があります。

確かに最近のパソコンウィルス対策ソフトは高性能になり、ノートンインターネットセキュリティのようなウィルス対策機能だけでなく、インターネットセキュリティ全般にわたる機能を持った総合セキュリティソフトウェアも販売されています。
でも、ノートンインターネットセキュリティーのような総合ソフトがインストールされていないパソコンでは、WindowsなどのOSが持っているファイアーウォール機能を働かせて外部からの不正侵入を防止したり、アプリケーションソフトのバグなどのいわゆるセキュリティホールを改善するためにアプリケーションソフトを修正プログラムを使用してアップグレードするなどの小まめな対策も必要です。

ファイアウォールは関所のような役目をし、許可されたものしか通さないため不正アクセスを防止できます。また、ソフトウェアやプログラムの中に存在する欠陥や設定ミスのことをセキュリティホールと呼びますが、このセキュリティホールはあらゆるソフトに潜在している可能性があり、たまたま発見された場合に修正プログラムがインターネットからダウンロード供給されたりします。

パソコンに正しい設定をし、頻繁に修正プログラムを使ってアプリケーションをアップグレードすることもウィルス対策と並んでパソコンセキュリティ対策として重要なことですね。