ようこそ! 「パソコンセキュリティ」へ

ウィルス対策-フラッシュメモリの自動再生機能をオフにする


Windows98から導入されたUSB接続は、フラッシュメモリや外付けハードディスク、プリンター、デジカメなどをパソコンに簡単に接続可能な大変便利な機能です。

Windowsのバージョンによっては、デバイスドライバーを付属のCDからインストールしたり、インターネットからダウンロードして、あらかじめインストールしないとプリンターなどは動かないこともありますが、Windows XPやWindows Vistaには、かなりの数のドライバーがプリインストールされていますから、フラッシュメモリーなどのUSB対応機器をUSB接続コネクターに差し込むだけで、プラグ&プレイの機能によって、パソコンが自動的に設定をしてくれて、すぐに使えるようになります。

こんな便利なUSBですが、このUSB接続を悪用した種類のウィルスが急速に増加しているようです。特に、フラッシュメモリなどのメディアは注意が必要で、フラッシュメモリーのパソコンへの装着に注意すると共に、そのフラッシュメモリがウィルス感染していないかをウィルス対策ソフトを使ってきちんとチェックする必要があります。

その手順としては、
USB機器をWindowsパソコンに接続すると、自動再生機能により、フラッシュメモリなどに保存されているフォルダやファイルが一覧表示されますが、仮にそのフラッシュメモリーがウィルスに犯されていた場合に、このタイミングで潜んでいたウィルスが動き出します。応急対策としては、フラッシュメモリを、Shiftキーを押しながらパソコンに装着して、自動実行を一旦無効にして、ウィルスを起動させない方法を取る必要があります。
その後に、最新版のウィルス定義パターンに更新されたウィルス対策ソフトを使って、ウィルスチェックのスキャンをかけて、ウィルス感染していないことを確認して、ファイルを開いたりします。
特に、会社などのネットワーク環境でパソコンを使っている場合は、他のパソコンへのウィルス感染にも気をつけたいものです。
また、恒久対策としては、マイクロソフトのサイトから、「Windows で強制“無効”に自動実行レジストリ キーを修正する方法」のプログラムをダウンロードし、さらに詳細な設定することが必要です。