ようこそ! 「パソコンセキュリティ」へ

パソコンウィルスの種類


パソコンウイルス(コンピューターウイルスとも言う)に感染すると、あなたのパソコン内に保存されているデータを破壊したり、ハードディスクのソフトウェアを改ざんしたりするもの、あるいは、基本ソフトOSのファイルを書き換えて、パソコンが立ち上がらないように悪意を持って改ざんするやっかいなプログラムの総称で、パソコンウイルスの種類は、ファイル感染型のパソコンウイルスとファイル非感染型の2つに大別できます。

ファイル感染タイプのパソコンウイルスとは、ソフトウェアやデータベースファイルに悪意を持って何らかの被害を及ぼすウィルスです。つまり、ファイル感染型は、アプリケーションソフトなどの実行ファイルに感染し、さらに、システム領域感染型とは、パソコンの基本ソフトであるOSのシステム領域に感染します。
また、複合感染型とは、ファイル感染型とシステム領域感染型の2つの特徴を兼ね備えたパソコンウィルスを指します。

マクロ型ウィルスは、アプリケーションソフトで作られた自動化を目的としたマイクロソフト社のワードファイルや表計算ソフトエクセルやアクセスなどのマクロ機能を利用したウィルスのことです。

ファイル感染型のウィルスに対して、2つ目のファイルに感染しないタイプのパソコンウイルスは、自己増殖しないタイプと自己増殖するタイプの2つに分類されます。
中でも、トロイ戦争にヒントを得て命名されたトロイの木馬型ウィルスは、特定の日時が来るまでファイルに潜み、設定された時刻になると突然発症して動き始める立ちの悪いウィルスです。

しかし、ファイル非感染タイプですから、他のファイルに感染したりワームのような自己増殖機能はありません。
最近では、ウイルス対策ソフトを装った偽善的なトロイの木馬ウィルスも発見されています。ワーム型ウィルスは、インターネットのE-mailやLANなどのネットワークを介して自己増殖し、感染を広げていく文字通りワームのようなパソコンウィルスです。

このように、ウィルスには様々な種類があり、自分はだいじょうぶだろうと油断すると、感染しないとも限りませんので、根本対策として、ウィルス対策ソフトはしっかりと導入することと怪しげなファイルはやたらに開かないことを徹底しましょう。