ようこそ! 「パソコンセキュリティ」へ

パソコンウィルスとは


パソコンウイルスは、コンピューターウイルスとも呼ばれ、ウィルス作成者がプログラムに関する知識や自分のパソコンレベルを世間にアピールする目的を持って、他人のパソコンに悪影響を与え、最悪の事態になるとパソコンのデータを壊したり、パソコンが起動できなくさせる悪質なプログラムのことです。


パソコンウイルス(コンピューターウイルス)は、好奇心をくすぐるような件名が書かれた見知らぬ人からの電子メールに添付されているケースが最も多く、次いでWEBサイトを閲覧した時に意図的にウィルスが仕組まれたホームページなどから、気づかれないようにユーザーのパソコンに送り込まれます。


ウィルスの悪意の程度によって、単にウィルスをばら撒いているだけで、パソコンの動作にはまったく影響を及ぼさないものや設定された時刻になると発症し、画面に突如人形が現れる愉快犯的なもの、メールに潜んで勝手に自己増殖するものなど、ウィルス感染後のパソコンの振る舞いはそれぞれですが、ワーストケースのウィルスの場合、パソコンウイルスが浸入したパソコンは、ハードディスク内のデータを破壊したり、正常なプログラムを書き換えて動作を不能にしたり、ウィルス感染させたパソコンを外部から遠隔操作できるようにしたり、Windowsなどのシステムを不安定にし、正常にパソコンが動作しないなどの症状を誘発させて、最悪の場合そのままでは、パソコンを使えなくしてしまいます。


パソコンウイルスの感染源として主なものは、添付ファイルがついたメールの送受信、インターネット上のファイルのダウンロード、LANなどのネットワーク内でコンピュータ間のデータのファイルの共有、フラッシュメモリーやCD等のメディアでのデータの受け渡し等 があります。

パソコンウイルスから感染を予防する一番有効な予防策は、最新のウイルス対策ソフトをあなたのパソコンにインストールしておくことです。

さらに、不信なメールの内容を表示したり、むやみに添付ファイルを開かない、素性のわからないホームページを閲覧しないなどにも注意して下さい。最新のウイルス対策ソフトをパソコンに入れておくと、パソコンがパソコンウイルス(コンピューターウイルス)に感染することをある程度は防ぐことができます。もちろん完璧ではありません。さらにウイルス対策ソフトは、ウィルス定義パターンをいつも最新版に更新しておくことも重要です。