ようこそ! 「パソコン資格で就職・転職を有利にしよう」へ

MCASの勉強法


MCASは、昨年新設されたマイクロソフトのワード、エクセル、パワーポイント、アクセスなどの総称マイクロソフトオフィスの知識を問う試験です。

試験は、実際にパソコンを操作するCBT方式で行われ、ペーパーテストではありません。公開試験場で行われる毎月1回の定期試験と認定会場の随時試験に分けられ、ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス、アウトルックの2007年版それぞれ単独の受験となります。

その上、MCASの勉強には、マイクロソフトオフィス2007profesionalが必要です。

一般にパソコンショップなどに市販されているWindows7やVistaのOSがインストールされているパソコンにもOffice2007が入っていますが、それらのほとんどはPersonalまたはStandardバージョンですから、完璧に試験対策の勉強をするには不十分です。例えば、XMLなどの勉強ができずに受験となると不安になりますね。でも、MCASの過去問をパソコン本などでしっかり勉強すれば、なんとかなるのでは?という声が聞こえそうです。

ところが、
実際にパソコンを操作せずに、MCAS問題集を読むだけではなかなか理解するのが難しいと思います。しかも、MCASの過去問と合格点は非公開ですから、市販されているMCAS問題集はあくまで想定問題集であって、実際の過去問ではありませんし、合格基準についても何点取れば合格できるのかわかりません。

落ち込むようなことばかり書いてしまい申し訳ありません。
でも現実なんですよ。

もしあなたが、へぇ、そうなんだ。
いろんなハードルがあって大変だからパソコンスクールに行かないと無理かも・・・。と思われたなら、ちょっと待って下さい。パソコンスクールに高いお金と束縛されるような長い時間を費やす強い気持ちがありますか?

マイクロソフト認定のトレーナーが作成したパソコン動画教室DVD
わざわざパソコンスクールに行かなくても、この教材であなたの自宅がパソコンスクールになります。
すでに、5,000人を超える受講者が勉強されています。
音速パソコン教室のサンプル動画はこちらをクリック