ようこそ! 「パソコン資格で就職・転職を有利にしよう」へ

独学でWebデザイナーになる方法


Webデザイナーは、会社やお店などからの顧客ニーズを基にホームページやブログなどのWEBサイトを製作する仕事で、デザイン力、パソコン力、マーケティング力などの総合的なスキルが要求される。

デザインは、ホームページやブログなどの見た目のきれいさやインパクトなどユーザーの感性を刺激し、いかに引き込むかが問われ、デザイン力を支えるのがパソコンスキルである。

具体的には、WEBサイトの論理構造を構成するHTMLや装飾要素のCSS(カスケードスタイルシート)、パーツとしての写真やイラスト、ロゴやキャッチコピーなどの目立つ文字等、作成・編集・管理する知識とインターネットやLANなどのネットワークに関する知識も必要とされる。

これらを達成するには、それぞれのソフトウェアに習熟すること。
もちろん、ホームページビルダーなどの統合ソフトも市販されてはいるが、業界の定番としては、フォトショップ、イラストレーター、フラッシュ、ドリームウィーバーが使え、さらにHTML、CSS、ネットワークをある程度理解していることが重要だ。さらに、需要と供給を把握して、競合他社との差別化を図り、宣伝効果を高め、収益を上げるためのマーケティング力も持っていないとビジネスとして成り立たない。

では、スキルがこんなに要求されるWebデザイナーになるにはどうすればいいのだろうか?

もし、あなたにお金と時間がある場合は、デザイン専門スクールや大規模なパソコンスクールを利用するのが最も手っ取り早い。しかしながら、これらのスクールは大都市に集中しているので、地方にお住まいの方には通学面で困難だろう。では、通信講座はどうだろうか?確かに通信講座は1から10まで順番に学習できるメリットはあるが、不要な部分をスキップできないじれったさがある。

そこで、お金をあまりかけずに、あなたの好きな時に学習できるDVDはいかがだろうか?

このDVDは、WEBデザイナーにここまでは要らないのではと思われるほど、多くのコンテンツが入っている貴重なDVD。すべて学習してもいいし、とりあえず基本的な部分をまず勉強して、後で実務で必要になった時に頼りになるDVDだと思います。

動画で学習してWEBデザイナーになるDVDはこちらをクリックして下さい。