ようこそ! 「パソコン資格で就職・転職を有利にしよう」へ

ネットブックパソコンにもマイクロソフトOffice2007をインストールしておきたい


ネットブックパソコンが人気ですね。有名メーカーの機種でも3~4万円台と低価格になっています。セカンドPCとして、外出時に持ち運べ、手軽にホームページ閲覧やメールができるのが魅力です。

でも、本格的にワードやエクセルも使いたいとなると、価格も2万円以上は高くなり、さらにパワーポイントも組み込む場合には、カスタムメイド(オーダーメイド)となってしまいます。また、パソコンを購入後にソフトをインストールするとなると、CD/DVDドライブも必要で、ネットブックの多くの機種では、別売オプションになっています。パソコンのMOS資格などのビジネス資格を取得するためにもネットブックパソコンにはOffice2007は、ぜひ導入しておきたいですね。

しかも、できるだけ、お金をかけずにネットブックでもワードやエクセル、パワーポイントなどのマイクロソフトOffice2007をインストールするにはどうしたらよいのでしょうか?

もし、そんなのカンタンだよ。友達からOffice2007のCDを借りて自分のパソコンにインストールすればいいのさと考えたのなら、その行為は、法律違反です。著作権法に抵触します。さらに、マイクロソフトも以前のOffice2003からは、ライセンス認証(アクティベーション)方式をとっていて、違法なインストールができないようなシステムになっています。もちろん、OFFICE2007も同様です。

一方、マイクロソフトは、同一人が所有するパソコンなら、2台までOffice2007のインストールは認めています。例えば、1台目はデスクトップ、もう1台はノートパソコンやネットブックなどのセカンドPCです。この理由は、自宅ではデスクトップのOffice2007を使用し、外出先でも同じことができるようなユーザーに対する配慮なのです。