ようこそ! 「パソコン資格で就職・転職を有利にしよう」へ

著作権検定は今後有望な資格


ビジネス著作権検定は、これから必須になると考えられる資格検定の1つに上げられます。ホームページやブログを作成して、個人でも広告を貼れる時代になっています。Webサイトを利用すると年齢や性別を問わず、誰もがコンテンツを配信できます。でも、オリジナルの文章や写真、イラストなどにはそれらの作成した人の著作権があります。無断でそれらのコンテンツ全てはもとより、一部の流用に当たっても著作権を侵害した場合は、法的な処置を取られても仕方ありません。これらの意識がまだまだわが国では根付いていません。勝手に他人の著作権が侵害されている現実があります。

したがって、どうしても目的を持って他人が作ったコンテンツを使いたい場合は、契約関係を著作者ときちんと結び、その契約範囲内でコンテンツを使用すれば貴重なコンテンツの共有が図れます。つまり著作権のあるコンテンツを利用するための契約関係の具体的な方法を理解することです。

サーティファイが主催するビジネス著作権検定は、ビジネスや日常生活において必ず守らなければならない著作権の基礎知識や法令関連知識がいずれもペーパーテストによって、初級と上級の2種類の資格検定で評価されます。スキルとチラシ広告など紙媒体の宣伝効果が低下している現在、インターネットでの広告費はうなぎ上り。企業のホームページ関係者のみならず、営業職や地方自治体の関係者の方にも今後必須のスキルとなることでしょう。

また、教育機関に携わる方にとっては、著作権を守る意味合いからも大変重要なスキルです。ある大学の教授が学生にテーマを与え、レポート提出を指示したところ、同じ内容のレポートが寄せられて困ったと言う話を聞いたことがあります。Webサイト上にある記事からコピーして来たことが明白になってしまったわけです。
これだけの情報社会の今、著作権問題を知らなかったでは済まされません。著作検定は、今後の重要な資格検定の1つになることは間違いないと考えます。