ようこそ! 「パソコン資格で就職・転職を有利にしよう」へ

 最新コンテンツ

パソコン資格を取得するわけは?(パソコン資格の解説):2012/01/26 掲載しました。
MCASの名称が変わった(MOS資格概要):2010/06/05 掲載しました。
MCASの勉強法(おすすめパソコン資格):2010/04/12 掲載しました。
Mosの独学教材(おすすめパソコン資格):2010/02/25 掲載しました。
独学でWebデザイナーになる方法(おすすめパソコン資格):2010/02/12 掲載しました。

 パソコン資格で就職・転職を有利にしようへようこそ


パソコン資格がなぜ就職・転職に有利なのでしょうか?
その理由は、いまほとんどの会社でビジネスにパソコンを活用しているからですね。
もうパソコンは仕事に必須のツールとなっています。

しかし、パソコンの分野ってとても幅が広いですから、単にパソコンができると言っても、その企業が必要とするパソコンスキルを持っているかどうか重要です。会社に入ってから教育するは、もう過去のもの。現代は即戦力になる人が求められます。人員削減をすすめる会社にとって、時間をかけて教育している余裕もありません。

パソコン資格は、それぞれのパソコン分野のレベルが客観的に判断できるメリットがありますから、会社が必要としている即戦力となる人材を評価する基準の1つになるわけです。
たとえば、会計事務所では財務関連のパソコン資格を持つ人材を募集していますし、広告関係ではイラストレータやフォトショップなどのDTPパソコン資格、建築や土木、機械関連企業では、パソコンCAD資格が花形になっています。

もちろん、一般の事務系や営業でも日常業務にパソコンを使いますから、ワード、エクセル、パワーポイント、アクセスなどのビジネスパソコン資格を持っていると就職や転職に有利に働くのは明らかです。
パソコン資格には難易度の高い国家資格から公的資格、民間資格がありますが、必ずしも難しいパソコン資格を取得しておけばよいというわけではなく、それぞれの企業が求めるパソコンスキルに適合するパソコン資格を目指すことを考えてください。このサイトでは、具体的にどのようなパソコン資格が効果的なのかを取り上げています。