ようこそ! 「パソコンでサイドビジネス」へ

パソコンでデータ入力のサイドビジネス


パソコンを使用したサイドビジネスが、最近、人気が高くなって来ています。
どうしてパソコンのサイドビジネスに人気が高まっているのでしょうか? 

その理由の第1に、あなたの自宅であなたの好きな時間を使って、取り組むことができる点が上げられます。
つまり時間の自由が利くことと、毎日1~2時間もかけて出勤しなくてもよいことなどが人気の秘密です。

SOHO(Small Office Home Office)と呼ばれる雇用形態がありますが、サイドビジネスとSOHOの違いは、SOHOは単に毎日出社しなくても、インターネットなどを活用して、自宅でできる業務は自宅で済ませる点にあります。反面、サイドビジネスの収入源は、別の企業から得ることにあります。

パソコンのサイドビジネスと言えば、すぐにデータ入力と呼ばれる文書や各種データの入力、エクセル・インターネット情報収集・データ分析業務などをイメージしますが、パソコンを使ったサイドビジネスとしての多くのデータ入力は、それほど難しいものを要求されてはいないので、アルバイト的な単純作業の繰り返しの仕事がメインです。
例えば、懸賞に応募されたハガキを見ながら、住所入力をしたり、下書きの文章をパソコンに入力したりする業務です。

データ入力の業務を受注し、指定納期までに入力したデータを提出するというのが業務の中心で、特に出社するわけではなく、基本的に在宅業務となります。仕上がったデータは、CDやフラッシュメモリなどの媒体に保存し、納品します。その後、依頼主側でデータの検証が行われ、大きな間違いが無ければ合格となり、支払いが行われます。

データ入力などの世間相場は、1文字につき、0.5円などと依頼主との契約になります。
データ入力業務は、データ入力する項目が増えるにつれ、作業単価は高くなります。つまり、より複雑な入力の方が受注者にとっては稼ぎが多くなります。